• Theme大会テーマ

「 素なることと多様な相 」

● ARCASIA大会テーマ 「Simplicity | Multiplicity」の邦題

● 単純な形や単位から多様な空間を構築していく現代的な設計手法

● 限られた材料と技術で様々な用途や規模の建築を生む建築家の職能

3つの意味を込め、建築家の職能やJIAの存在意義そのものを問う機会

単純な形や単位から多様な空間を構築していく方法論は、現在では流行を超えて既にスタンダードとなりつつあります。 これを高次に捉えれば、いま手に入る材料と技術だけで様々な用途や規模の強くて安全な建築を考える我々の普遍的な職能も、 この関係性の相似形と言えるでしょう。

「素なることと多様な相」とは、同時開催されるARCASIAのテーマ「Simplicity | Multiplicity」 の邦題であるとともに、そうした現代的な設計手法と、立ち戻るべき建築家のありかたとを重ね、 3つの意味が込められた、全国大会のメインコンセプトです。

IT技術で地方との情報格差もほぼ解消された東京における14年ぶりのJIA全国大会と18年ぶりのARCASIAの同時開催に あたっては、東京の地域性よりむしろ、建築家の職能やJIAの存在意義そのものを大きくテーマに掲げ、 これらを見直す絶好の機会にしたいと考えています。

東京における11年ぶりのJIA全国大会と21年ぶりのARCASIAの同時開催

**今大会はARCASIA東京大会との相乗効果を図るため、登録者はそれぞれ主催の企画に、 木曜以降は相乗りが可能です。特に4つの基調講演は、全て同時通訳が予定されています。

  • aca18
  • 二つの大会が東京にて同時開催されます

    ARCASIA東京大会2018+JIA建築家大会2018

  • jia
arcasia

ARCASIA(アジア建築家評議会)大会

アジア21の国と地域の建築家による国際交流と情報発信の場として、ACAとForumを1年毎に交互に開催。 ACA大会は、東京で21年ぶりに2度目(1997年、日本で初めてForum9開催)

JIA

JIA(日本建築家協会)建築家大会

全国10支部の建築家が1年に1度一堂に会し、討議・研鑽・発信する場
東京大会は11年ぶり(関東甲信越支部としては横浜大会2012開催)

名称JIA 建築家大会 2018 東京
日程2018年9月13日(木)-15日(土)
場所東京
会場明治大学 駿河台キャンパス
建築家会館
グランドハイアット東京
プログラム基調講演、シンポジウム、公共工事実施 コンペ公開審査、ACA18関連イベント、大会式典・レセプションパーティー
テーマ素なることと多様な相
主催公益社団法人 日本建築家協会(JIA)
運営2018全国大会実行委員会
問合せ先公益社団法人 日本建築家協会 (JIA) 関東甲信越支部
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-3-18 JIA館
info-kanto@jia.or.jp

JIAについてThe Japan Institute of Architects

日本建築家協会(JIA)は建築家が集う公益社団法人です。 プロフェッショナルとしての知恵と技術を活かし、地域、文化、風土、地球環境までをデザインする建築家。

私たちは、建築・まちづくりを通して社会公共に貢献する活動をしています。

公益社団法人 日本建築家協会(JIA)
〒150-0001  東京都渋谷区神宮前2-3-18JIA館
URL: http://www.jia.or.jp/
日本建築家協会(JIA)関東甲信越支部
URL: http://www.jia-kanto.org/
Email: info-kanto@jia.or.jp

TOP