建築家onlineは、日本建築家協会関東甲信越支部が一般の方々向け に建築や建築家についての情報をお届けするサイトです。


WWW を検索 サイト内検索
ブックガイド
建築家の仕事
 木戸 明 ( kido akira ) ホームページ
 
浦和生まれの、浦和育ち。人の気配を感じる写真を大事に(室内・外観・風景)
アイルランドのアラン島へ取材で行った時、地球の水平線は丸かったと思う
素晴らしい風景が印象深い。自称アナログ人間、機械いじりは苦手。
このところデジタルに開眼。

著書:
トーソー出版より 『家具が主役のインテリア』 2005/10

17世紀のパリのアパルトマン
 
 
 
 
天井に重厚な梁を残し、リビングとダイニングの間仕切りには、13世紀の建築に使用されていた建物の梁を使用し一体感を出している。重厚でありながら圧迫感のない住空間を作りあげ、連続空間とビストロ風のコンパクトなキッチンとの対比が素晴らしい。この住まいとの出会いが私がライフワークとして住空間と取り組むことになった。インテリアデザイン:ジャン・ピエール・ザザラン。


スローフードを楽しむロンドン郊外の陶芸家邸
 
 
 
 
 
 
 
 
ロンドンから車で一時間あまり、木組みの美しい萱葺き屋根が保存され、ガーデニングを楽しむ民家、雑貨やなどが点在するファーナムという小さな村がある。訪れた陶芸家のアンティークばダイニングテーブルには薪ストーブで調理されたパンなどが並び美しいウィンザースタイルの椅子が囲まれていりシーンは住み手のライフスタイルそのものである。


窓辺の緑、シンプルな照明の美しさに北欧のインテリアをみる
 
 
 
 
窓辺に観葉植物、照明はペンダント、ブラケットがそれぞれ2個、フロアスタンドが置かれているヘルシンキ在住のインテリアデザイナー:ウルス・アーナー氏のアパートのリビングルームのコーナー。


フランス・リヨン郊外のウィークエンドハウス
 
 
 
 
週末、夏のヴァカンスにはフル活動するこの別荘は小高い丘の上にあり、4つのテラスドアーをもつリビング・ダイニング、開放感あふれるスペース。プールで泳ぎ、乗馬も楽しむ。ダイニングテーブルでは果物のセッティングのバリエーションを楽しむ。明日への活力を生む源でもある。