こども空間ワークショップ

なが~い角材とジャンボ輪ゴムで
みんなで街をつくろう!

「空間ワークショップ」は、未来を担う子供達の環境と建築教育を目的に、楽しみながら 造形の具体的手法を学び、共同作業による協調性と空間表現を養うプログラムです。  
建築家たちがファシリテーターとして学校や地域に出向き、2種類の長さの角材と ジャンボ輪ゴムだけを使い実際の街を創る環境へも配慮したワークショップです。 2000年に中野地域会から始まり、現在ではその旨を受けて多くの地域会に広がる一方、 授業や学校行事はもとより、一般公開型や親子参加の地域イベントなど様々な規模や 形態で行われています。

お問合せ:各地域会の事務局まで。

こども空間ワークショップ

お問い合わせ・お申込み先

お手数ですが、お近くの地域会までお問い合わせ下さい
地域会の一覧は コチラ

このコンテンツは中野地域会が作成・出版したパンフレットから編集し直したものです。
文章・イラスト・写真の無断での複製を禁じます。

ページトップへ